内装リフォーム

日本の住まいをヨーロッパの様な住まいにリフォーム①

先週から定期的にお伝えしている日本の住まいをヨーロッパの様な住まいにリフォームの進行状況です。

前回まではドアの交換とドア廻りにアーチ枠の取付、そして洋室の腰壁の造作まで進行している状況をお伝えしました。ここから今日までにこの洋室の腰壁腰壁パネルを塗装して輸入壁紙を貼って床を貼る所まで進んでいます。

腰壁パネルにウォールナット色が付きました。まだ1回目なので色が薄いので2回塗って色を濃くしていきます。
しかし塗装の工程は一度終わってしまっているので、2回目の塗装は最後に回して壁紙を貼っていきます。

天井が貼り上がった画像です。リリカラという壁紙メーカーのWillというカタログに収録されている壁紙でモリスの壁紙です。リリカラさんがライセンスを取って日本で販売している壁紙です。とてもいい色なのですが、とても薄い壁紙で施工の難しい壁紙です。天井が貼り上がると次は壁を貼るのですが壁の紹介より先に床の施工をご紹介します。

床はヘリンボーン柄のフロアータイルを貼っていきます。これは木製のフローリングではなく樹脂製のフロアー材です。プリントで表面の柄を印刷するので色々な柄が選べます。これを一枚一枚貼り合わせていきます。
そしていよいよ壁の壁紙の貼り上がった画像が・・・

この様なとても素敵な洋室になりました。壁一面をアクセント貼りもいいですがこの様に柄物を全面の壁に貼ってもとても素敵に仕上がります。これから照明とカーテンが加わるとどんな感じになるのでしょうか。とても楽しみです。

当社の輸入壁紙専門のクロス職人は次はリビングの施工に移りました。まだまだ玄関・洗面室・キッチンとどんどん貼り替えていきます。今週は工事も追い込みとても素敵な仕上がりになるでしょう!

こちらの現場はお客様のご好意で見学会を開催させて頂きます。
見学会は7月20日・21日の土日
詳しくはこちらから

リフォーム・リノベーションのご相談はKABEYA-WORKS

札幌・小樽・石狩地域のリフォーム・リノベーションはKABEYA-WORKSにご相談ください。
戸建て・マンションのリフォーム・リノベーションから店舗改修までご相談承ります。
お見積り・ご相談無料です。お気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら