DIY 事例紹介

子牛をリメイク?ペイントもKABEYAにご相談くださいね。

%e5%9b%b31%e5%9b%b32

牛です。子牛です。かわいいフィギアです。某ステーキ店で飼われている子牛ですが、リメイクを依頼されました。しかもゴールドの牛にリメイクして欲しいとの事。まずはペイントの密着性を高める為にプライマーという塗布材を塗りました。

%e5%9b%b34%e5%9b%b33

次に下塗りです。いきなりゴールド塗料を塗ると、もともとの毛皮の色が透けて見えるかもしれないので、黄色のペンキで下塗り。アニースローンチョークペイントのイングリッシュイエローという色のペイントです。何故このペイントで下塗りしたかといいますと、アンティーク感のある塗りムラが出来るのがこのペイントの特徴で、塗りムラが毛並みっぽくなるのではと思いこのペイントにしました。3回塗ってます。

15267542_1069821003144207_4296122078590522982_n

下塗りが終わったのでゴールドペイントを塗りました。見事に金ぴかです!(2回塗り)しかしこれで完成ではありきたりなので、もうひと手間を掛ける事にしました。

imgrc0064843862

使うのが、このグリッターというスプレーペイント。スプレーした所がラメラメに仕上がります。これを子牛にササッとスプレーして、高級感を出しながら落ち着いた感じにできないかチャレンジしました。結果として仕上がりが・・・

%e5%9b%b35

こうなりました。

%e5%9b%b36 %e5%9b%b37

分かりにくいかもしれませんが、シルバーのラメラメが散らばっています。下塗りのアニースローンの塗りムラが毛並みっぽくなっている感じです。グリッターは1回塗り仕上げです。ラメラメは剥がれやすいので最後にクリアーラッカーを2回塗りして表面を保護しました。なのでプライマー→下塗り3回→仕上げ塗り2回→グリッター1回→クリアー2回の合計9回塗っています。

%e5%9b%b38%e5%9b%b39

お遊びで、毛並みを花柄にパッチワークしてみましたが、数が足りないのと明日の民泊DIYの準備をしてないので、これ位にしました。

明日は札幌市北区屯田の民泊をDIY!こちらもお楽しみに。